コミュニティバスのご紹介

地域に密着した「コミュニティバス」を運行しています。

「コミュニティバス」はお年寄りや自ら交通手段を持たない、いわゆる「交通弱者」を支援する、市区町村と密接に連携した公共交通サービスです。

富士急グループでは、地域貢献に向けた取り組みとして、「コミュニティバス」運行を各地で積極的に行っています。

東京都内

神奈川県内

静岡県内

山梨県内

富士急グループの首都圏でのコミュニティバス事業として、平成16年に港区で運行開始した「ちぃばす」は六本木ヒルズを中心に田町ルートと赤坂ルートを運行しております。地域の皆様や交通弱者の方々の利便性を高めるために、停留所間の距離は200m~300mとなっており、住宅街など狭い路線でも走行可能で、かつ環境に配慮したCNG車両を導入しております。車内案内は港区の国際的なイメージから4ヶ国語対応。

また、障害者の方にも気軽にご利用いただける車椅子対応となっております。 運賃も全区間100円であり、ICカード(パスモ)も導入しております。渋谷区で運行するハチ公バスは渋谷駅ハチ公口を起点に区役所などの公共機関や若者でにぎわう原宿や表参道などを経由して代々木駅方面を結びます。運賃は全区間100円であり、車両もノンステップバスで車椅子対応となっております。地域の足として、また観光・ショッピングと皆様にご利用いただいております。