新着情報詳細

2016年08月08日

お知らせ

運転データ集録システム搭載「教育訓練車」の導入

いつも富士急行バスをご利用いただきまして

誠にありがとうございます。

 

富士急行株式会社は、

バス事業の安全性向上のため、

「運転データ集録システム」を搭載した

バス運転士の訓練専用車両「教育訓練車」を

平成28年7月19日(火)より導入いたしました。

 

弊社は「安全は全てに優先する(120%の安全確保)」を基本方針に掲げ、

バス運転士に対する安全教育の充実や、

車両に対する衝突軽減ブレーキ、

ドライブレコーダー等の安全装備の導入を進めて参りました。

 

この度の「教育訓練車」の導入と

従来の取り組みを併せて実施することにより相乗効果を生み出し、

バス事業の更なる安全性向上を図ります。

 

本件についての詳細は

下記PDFをご覧くださいませ。

 

引き続き皆様のご利用を

心よりお待ち申し上げております。