乗務員に対する教育制度

階層別教育

当社では、120%の安全と最高のホスピタリティの提供を達成するため、
乗務員の質の向上を目指して教育に力を注いでいます。

1新採用運転士教育
富士急グループのバス新採用乗務員は、まず富士急行本社において、合宿形式で安全運転に関する法令関係、車両知識、運転技術の基礎、および接客や車内案内などのCSについて学び、富士急グループバス乗務員として必要な知識・技術・責任感を身につけます。
2入社1年未満乗務員教育
新採用運転士教育後、1~2ケ月間は、各職場において技術訓練や営業教育、路線教育等を行い、プロのバス運転士として独り立ちしていきます。入社から1年間はフォロー研修期間として、1週間、1ヶ月、3か月、6か月、1年を単位として教官が実際に添乗しての教育、安全に関する机上教育を通じてさらなる技術向上を図り、同時に運行管理者や経営責任者との面談を通じて乗務員のメンタル面のフォローも行います。
3入社3年未満乗務員教育
入社し、勤続3年を迎える乗務員に、再度基本を振り返り、自分の運転のクセ等を見つめ直す訓練を実施します。
4入社5年未満乗務員教育
入社し、勤続5年を迎える乗務員に、再度基本を振り返り、自分の運転のクセ等を見つめ直す訓練を実施します。
5入社10年以上乗務員教育
入社し、勤続10年目以上の乗務員に、再度基本運転の重要性を認識する教育を行います。
階層図
6事故惹起者教育
毎月1回、該当月において事故を起こした乗務員全員にて集合教育を行います。事故原因分析や実技訓練を実施することによって、再発防止に努めています。
7バス運行管理者教育
現場における乗務員教育の要となる運行管理者を対象に、教育を行っています。各種セミナーの受講や、グループ間相互の職場巡視を通じて、安全性向上に関する知見を広げるなど、運行管理者の知識や指導力の向上に努めることで、職場全体の意識向上・事故防止を図ります。
8安全運転中央研修所研修
茨城県ひたちなか市にある安全運転中央研修所の充実した施設と豊富なカリキュラムを活用して、車両の特性や運転技術を学びます。
9外部施設研修
バスメーカーの教育訓練施設を活用した訓練を行い、バスの特徴を踏まえた研修を受けることによってバス会社だけでは学べない安全に関しての知識・技術を学びます。
10冬季雪山研修
新採用乗務員を対象に冬山における運転技術やチェーン装着方法について訓練します。特に雪が多い山梨県を拠点とする会社だからこそ、雪道走行には人一倍気を遣える乗務員を育てます。
11防犯・防災訓練
自治体や警察と連携し、バスジャック訓練などの、防犯・防災訓練を実施します。最悪の場面に置いても冷静・的確に対応できる危機対応能力を養います。

※警察と共同し、開催した訓練風景です。
※写真にあります刃物は偽物を使用しております。

安全訓練車

当社では、バス事業の安全性向上のため、「運転データ集録システム」を搭載した、バス運転士の訓練専用車両「教育訓練車」を平成28年7月に導入しました。

教育訓練車 1
教育訓練車 2

「教育訓練車」には、下記のような機能があります。

  • ∗「急加速・急減速の測定」…アクセルの踏みこみやブレーキの際の衝撃などを計測
  • ∗「右左折時の動揺の測定」…速度やハンドル操作による遠心力などを計測
  • ∗「視点測定」…人がどこを見ているかを可視化する装置を使い視点の動きを計測
  • ∗「車間距離測定」…前方・側方を走る車との車間距離を赤外線センサーにより測定
  • ∗「ブレーキ操作の測定」…さまざまな場面でのブレーキのタイミングや強さを測定
  • ∗「燃費測定」…エコドライブをどれだけ実施できているか計測

これら最新の機器により走行中のデータを集積することで、バス運転士の運転特性を把握するとともに、バス運転士ひとりひとりに対して科学的根拠に基づいた、より細やかで的確な安全運転指導ができる車両です。富士急グループバス会社全社において運転士教育のために活用しています。

教育訓練車 3
教育訓練車 4

当社は「安全は全てに優先する(120%の安全確保)」を基本方針に掲げ、バス運転士に対する安全教育の充実や、車両に対する衝突軽減ブレーキ、ドライブレコーダー等の安全装備の導入を進めて参りました。この度の「教育訓練車」の導入と従来の取り組みを併せて実施することにより相乗効果を生み出し、バス事業の更なる安全性向上を図ります。