車両安全対策機器

当社では最新の安全機器の導入と乗務員教育の充実を同時に行うことにより、
教育効果を高め、安全性向上を図ります。

ドライブレコーダー

運転中の画像・音声を常時記録し、「ヒヤリ・ハット」のデータ収集や事故発生時の状況把握・再発防止の為の分析に役立てます。
ドライブレコーダー 2

デジタルタコグラフ

バス運行時の時間・速度・距離などをデータ化。項目ごとに点数とグラフにより結果を表示することによって、その日の乗務員の一日の運転の特徴を把握し・適切な助言・指導を行います。
デジタルタコグラフ 2

衝突被害軽減ブレーキシステム

走行中、ミリ波レーダーが低速で走行する先行車を検知・分析をし、追突の恐れがあると早いタイミングでフル制動し、衝突回避のサポートを行います。これにより衝突時の速度を抑え、衝突被害を軽減させます。

衝突被害軽減ブレーキシステム

衝突防止警報システム(モービルアイ)

車両フロントガラスに取り付けたカメラが前方車両との距離やふらつき運転、歩行者との接近など、衝突の危険性を察知した場合に警報音と、アイコン表示でドライバーに知らせます。

衝突防止警報システム(モービルアイ)

主要機能

  • 前方車両衝突警報
  • 前方車間距離警報
  • 車線逸脱警報

横滑り防止装置(車両安定制御システム 日野VSC※)

カーブでの車線のはみ出しや横転などを抑制する為、警報音やエンジンの出力制御、ブレーキ作動によりドライバーの危険回避操作をサポートします。

VSC装着車と非装着車の比較

注意喚起音声システム

停車時のサイドブレーキ、トランクの閉め忘れ、後退時や運行中の注意など、様々な場面に応じて、乗務員への安全喚起放送行う「マルチ音声ガイド」です。